2012年05月13日

マディラのフルーツと魚介類

マディラ島最終日。マディラメーカー訪問前に少し寄り道して、市場に行きます。旧市街はこんな感じでアーティストが扉に絵を描いたりして、オシャレな雰囲気に。

P1090286.jpg


市場の始まりはどこもお花屋さんが多い気がします♪

P1090288.jpg


マディラの名物、黒太刀魚! 怖い顔してるなあ・・・;^^

P1090292.jpg


鯵もたくさん♪

P1090295.jpg


あ、これ食べたかった貝! 美味しいと皆さんがおっしゃいます。食べたい食べたい!!

P1090296.jpg


2階はフルーツ天国。見たことのないフルーツもたくさんあって、どれも試食自由(その後買うのを断る勇気があれば;^^)。

P1090299.jpg


ハーブ屋さん発見。生のハーブも感想のハーブもいろんな種類があってワクワクしちゃいます! サロンのお客様へのささやかなおみやげをこちらでゲット♪

P1090304.jpg


市場の後は、近くの教会にお参り。教会の中は空気の澄んでいて、お祈りしながらいろいろ考えさせられます。

P1090318.jpg


さて、今日のメイン、ドリヴェイラに到着!

P1090322.jpg


いきなり1890年ののヴェルデリヨ。その後1907、1908、1932、1937、1971、1973、1985、1987、1989、1992、、、とまだまだ続く。歴史を感じる深い味わいです。

P1090328.jpg


18種類いただきました・・・。でもしんどくならないのがマディラの魅力ですね♪

P1090330.jpg


マディラ名物の糖蜜ケーキ。しっとりしてていいお味。こんなの朝ご飯に食べたいなあ。日本ならラップに包んでもらって帰るところです;^^

P1090332.jpg


さて、試飲が終わってランチは海岸沿いのレストラン♪

P1090335.jpg


これもマディラ名物だそう、お豆の塩漬け。枝豆感覚で美味しい美味しい。皮を食べないところもなんとなく枝豆っぽくて、手が止まらない!

P1090336.jpg


ビールにぴったり。

P1090339.jpg


市場で食べたいー!と思った貝発見♪ ラパスといいます。色からしてムール貝っぽい味を想像していましたが、もっとコリコリしてて、でも甘みもあって、かなり好き♪♪

P1090338.jpg


メインはシーフードのリゾット。いやあ、ポルトガルってお米美味しいですね。細くて丸くて、ポクポクした食感で、すっかりファンになってしまいました。あっつあつのリゾットもあっという間にたいらげて、おかわり。食べすぎ・・・でも美味しいんだもん(>_<)

P1090340.jpg


デザートは、「マディラに合うデザートコンクール」で優勝したというケーキを、マディラと一緒にいただきます。

P1090343.jpg


こうばしくて甘くて、うん、マディラにぴったり。カロリーもたっぷり;^^

マディラ島のあちこちには、ジャガランダという桜を紫色にしたようなお花が咲いていてとても美しい♪

P1090346.jpg


マディラではサトウキビも栽培されていて、そこからラムが作られているとか。そのラムを使ったポンシェというカクテルも有名だそう。

P1090348.jpg


試しに飲んでみました。オリジナルはレモン、蜂蜜、ラム、だそうですが、パッションフルーツをいれてるのもいい感じ。

P1090349.jpg


常春の国、マディラ島。太平洋の天国と言われるのもわかる気がしました。壮大な自然の中で造られる葡萄、そしてマディラワイン。良い勉強をさせてもらいました。

さて、今から夕食。そして明日の朝には出発。飛行機4回乗り変えて戻ります〜(>_<)
posted by まさきこ at 02:10| Comment(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

マデイラ島の自然。そしてファド。

マディラ島二日目。今日はブランディーズの見学です!
image-20120511190342.png


こちらは伝統派のマディラ・メーカー。

image-20120511190358.png


面白かったのは、樽の話。古い樽をメンテナンスして使うそうで、新樽は買わないそう。買いたしたりしないのかきいたところ、昔からの古い樽の切れっぱしがいっぱいあるから今のところ必要ないそう;^^

image-20120511190416.png


そして、樽の木の隙間を埋めるのは、バナナの皮を使ってるそう。あちこちにバナナ畑がありますものね・・・合理的。

image-20120511190432.png


マディラ島でもスティルワインがあるのね!美しいロゼ♪ 輸入したら売れそうと思ったのですがリーファーのコンテナがマディラにはないそうです。さすがマディラ・・・。

image-20120511190509.png


さあ、午前中からでもマディラの試飲ですよ!

image-20120511190453.png


トロッとした旨味がいいですねー♪ 1968年のヴェルデーリョと1920年のブアルは深い・・・。

image-20120511190528.png


マディラ島にきて初めてエストゥーファやカンティーナの違いがわかりました;^^ こちらはカンティーナ。

image-20120511190558.png


1800年代もごろごろしてる・・・すごいなあ;^^ マディラの歴史の深さを見ました。

image-20120511190616.png


ランチは、山のてっぺんの小屋風レストランで。海老のスープ。

image-20120511190637.png


鶏とキャベツの炒め物。この他にラムの煮込み、蛸とポテト、etc・・・大量でしたが本当に美味しいのには驚き。すごい食欲でたいらげました。シンプルな味つけで素材がいいからかな、不思議とたくさん食べれるのですねえ・・・確実に身体についていってますが(>_<)

image-20120511190655.png


ランチのあとは山沿いの畑めぐり。棚仕立てなのが面白い♪

P1090213.jpg


本土より暖かいからか、葡萄も大分育ってます。

P1090214.jpg


そして海! 絶景〜!!!

P1090221.jpg


P1090219.jpg


断崖に畑がたくさんあるのには驚きました。どうやって作業するのでしょう。危険そう・・・(>_<)

P1090222.jpg


P1090229.jpg


山の高さ、雄大さが写真ではうまく伝えられません。すごーい迫力だったのです。

P1090246.jpg


マディラ島の、豊かで壮大な自然に圧倒された一日でした。

image-20120511191004.png


夜はファドを聴けるレストランに行きます。外では名物のさつまいもパンを作成中のおばさん達。さつまいもパンにはバターとにんにくをたっぷりはさんで食べるのですが、これがやみつきの味。にんにくとカロリーが気にならなければ、永遠に食べ続けたい感じ。

P1090257.jpg


食事はシーフードの串焼き!

P1090265.jpg


ファドを聞くのは初めてでしたが、何人もの方が変わり変わりに歌われて、迫力がありました。情熱、喜び、悲しみ、という情感がつまった歌は、魂に響きます。

P1090267.jpg


中でも一番上手だったのは、あの串焼きを焼いていたシェフ! 良いバリトンで本当にうまい!

P1090282.jpg


素晴らしい歌を聴いたあとは「ブラヴォー!」というかけ声もかかりますが、本当に素晴らしいときは「ファディッシタ!」と言うそうです。「お前こそ真のファド歌手だ!!!」という意味だとか。シェフが歌い終わったあとはその掛け声がたくさんかかりました。感動したなあ。。
posted by まさきこ at 03:12| Comment(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

マデイラ島上陸!


image-20120510202037.png

image-20120510202206.png

image-20120510202053.png

image-20120510202108.png

image-20120510202124.png

image-20120510202150.png

image-20120510202224.png

image-20120510202243.png

image-20120510202301.png

image-20120510202323.png

image-20120510202342.png

image-20120510202410.png
posted by まさきこ at 04:26| Comment(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

2012年05月09日

2


image-20120509074952.png

image-20120509075012.png

image-20120509075031.png

image-20120509075052.png

image-20120509075108.png

image-20120509075123.png

image-20120509075137.png

image-20120509075157.png

image-20120509075220.png
posted by まさきこ at 15:57| Comment(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泡だらけの試飲

ポルトガル2日目、かなり疲れました(^_^;)

iphone/image-20120508205518.png


iphone/image-20120508205534.png


iphone/image-20120508205557.png


iphone/image-20120508205614.png

乳のみ子ブタの丸焼き! これが美味しかった♪
posted by まさきこ at 15:45| Comment(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

ロケスでポルトガル料理のランチ♪

ポルトガル一日目。あいにくの雨の中、キンタ・ド・ロケスにむかう道のりでは、葡萄の樹、オリーブの樹に混じってコルクの樹もあります。ポルトガル的♪

到着したら雨がやみました! トゥーリガ・ナショナルの畑。

image-20120507211519.png


12種類のティスティングではその酸とミネラル、エレガントなワイン造りに驚きました。もっと甘いワインも造れるだろうにあえてのこの酸。いいですね☆ 普段馴染みのない品種オンパレードの面白いティスティングでした。ワインのレベルはとっても高い!

そのあと、ランチを食べだしたのはなんと3時;^^

image-20120507211535.png


蛸のサラダ、ブーダン・ノワール、ショリソ(チョリソ)、鱈のコロッケ、とろとろのチーズ(←名前忘れましたがポルトガルで一番有名なものだとか。いい感じ♪)

image-20120507211551.png


こちらもポルトガル全土で食べられるらしい、キャベツのスープ。

image-20120507211604.png


そして国民的ご飯という、鴨の炊き込みご飯。

image-20120507211631.png


どれもとっても美味しくて、つい食べ過ぎ。デザートのボリュームもすごかったです・・・。

91年のキンタ・ド・ロケス レッドを飲ませていただきました♪ いい雰囲気の熟成です。

image-20120507211650.png


そしてランチの後はキンタ・ドス・マイヤスの畑を見学。ビオ実践の畑はちょうどいろんな花が咲き乱れていて、土はふかふかだし、とっても美しい♪

ワイナリーの名前はこの花(マイヤス:和名はエニシダ)が語源だそう。あちこちに咲いている鮮やかな黄色いお花です!

image-20120507211716.png


そして、森の中のお城のホテル。むちゃくちゃ豪華;^^ お部屋だけだど豪華さが伝えられなくて残念。

image-20120507211735.png


また後日画像を追加する予定ですが、サロンはこんな感じ・・・ちょうどお誕生日の方がいらして、1959年のこちらのワインをいただきました。

image-20120507211753.png


ポルトガル一日目。早くも美味しいとはわかっていたはずですが、想像以上のワインの品質に驚いています。そして食べすぎで早くもお腹が苦しい・・・;^^
posted by まさきこ at 06:22| Comment(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

ポルトガル到着!

朝5時半に家を出発して、伊丹から成田へ。

image-20120506191300.png

成田から、フランクフルトへ。

image-20120506191352.png

最近はマシンでのチェックインが多いですねえ。

image-20120506191433.png

フランクフルトのトランジット中は、やっぱりビールとソーセージ(^o^)

image-20120506191534.png

飛行機の遅れもあり、ポルトガル到着は22時すぎ。そしてやっと今ホテルに着きました。

image-20120507000620.png

うーん、長かった(^_^;) 明日も早起き。頑張ろ。
posted by まさきこ at 07:08| Comment(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

「京女100人!どすえ」にご紹介いただきました

MBSさんの企画、「京女100人!どすえ」で取材していただきました♪

名称未設定-1.jpg


そうそうたるメンバーの中でちょっと私、浮いております・・・;^^
posted by まさきこ at 15:07| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする