2012年10月23日

ダチョウと時代劇

オーストリッシュが美味しい、食べたことあるか、とフランシスに聞かれて、「オーストリア人が何??」と思って適当に返事してた私。どうやらダチョウのことだったんですね。

image-20121022211647.png


最後の晩にダチョウを焼いてくれました♪ これが柔らかくてジューシーでかなり美味☆ 健康にも良いそうで最近ブームだとか。初めて食べた気がします。これはいいな。

image-20121022211706.png


ヴァローナのチョコレートをたっぷりいれた、フランソワーズのガトーショコラは絶品♪

image-20121022211725.png


その後はホームシアターで・・・

image-20121022211741.png


インディアンの映画! フランシスはインディアン映画が好きだそうです。「人生は複雑だけどインディアン映画は単純だから好き」だって。そうなの??

image-20121022211757.png


しかし見ていて納得。悪者がいて、良い人達がしいたげられて。それを正す人が現れて。

まるきり日本の時代劇と一緒なんですよ!! とっても親近感がわいた気がしました;^^

フランス最後の夜はダチョウと時代劇♪
posted by まさきこ at 04:19| Comment(0) | アルザス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルベール・ボクスレ訪問!

この旅の最後の生産者訪問は、ずっと気になっていたアルベール・ボクスレ!

今日はあいにくの曇り空で寒い。ニーデルモルシュヴィール村のグランクリュ、ソンネンベルグにも霧がかかってます。

image-20121022191527.png


あ、ここですね〜♪

image-20121022191538.png


と思ったのですが! 誰もいない! 電話しても中で鳴ってるけど出ない!!

image-20121022191551.png


ブドウの圧搾機は動いているので、ちょっとおでかけされてるだけかしら、と待つことに・・・

image-20121022191603.png


待つこと1時間と10分、喉が渇いてきたからジュースを飲んじゃうぞ〜、と思ってたときに(冗談です;^^)、やっとご家族が帰ってきました。どうやら奥様が約束を伝え忘れていたとかで、慌てて畑にいるジャンさんに電話してくれました。ほっ。

image-20121022191619.png


収穫中の忙しい時期に、悪かったですね(>_<)! そしてジャンさんは若干奥様に文句。うーん、すみません・・・

まあそれでも畑の説明もしてもらいながら、ティスティングは一通り出来ました! 

image-20121022191632.png


これはまだジャンさんが硬い顔のとき;^^ いろいろ話して最後には打ち解けてくれました。はあ、よかった;^^

ワインは美しい。年々、研ぎ澄まされているのを感じます。甘さがなくてドライなのもいいですね!

image-20121022191647.png


帰りはお母様にコルマール駅まで送ってもらい(行きはタクシー使いました)、無事訪問終了。はあ、すっかり冷えちゃいました。

明日の朝は、ストラスブールから直接シャルルドゴールに着くTGVに乗って、日本に帰ります。長い間留守にして迷惑をかけた分、戻ったらたくさん働きます!!
posted by まさきこ at 02:17| Comment(0) | アルザス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

収穫祭でブドウの足踏み!

アルザス三日目は日曜日なので、生産者訪問はお休み。でも早起きして午前中はめいっぱい仕事をしましたよ〜。
手がしびれてきたところ、Dambach-la-Villeという村で収穫祭してるみたいだから行こうか、という話になって、お昼からはFFとおでかけ。

着いたらちょうど収穫が終わって、これから広場でプレスするところとのこと。参加型のお祭りなので私もフランソワーズに誘われ、ブドウのバケツリレーに参加。

DSC05369.jpg


バケツリレーのメンバーに一人一人出身地を聞いてマイクで実況中継するコンフレリーのおじさん。私が一番遠くから来たようで「masakikoがTokoyから来たよ〜!」と絶叫されました。いえ、Kyotoなんですけど;^^

ワイン関係者の皆様は「え”」と思うかもしれませんので見ないでください。つぶす前の葡萄。

DSC05372.jpg


面白いね〜、とフランシスと話していたら・・・

DSC05405.jpg


ミス・収穫の美女のあとに、私も連れていかれて・・・

DSC05408.jpg


なんとプレスの中のブドウを足で踏みつぶすことに!(>_<) まさかそんなことするとは思ってなかったのでとっても驚きました(>_<)

DSC05414.jpg


「どんな気持ちかを日本語で言ってみて」とマイクでインタビューするコンフレリーのおじさん。「変な感じ」と言ったら「hennnakannji〜!」とまた絶叫。・・・;^^

ブドウ踏みが終わった人は抱きかかえて広場の隣の噴水(泉?)まで連れていくのが習慣のようで、私も・・・。

DSC05425.jpg


あー、驚いた(>_<) さて、足でつぶしてその後ギュウギュウ絞ったらこんな感じになります(いろんな品種まざってます)。

DSC05476.jpg


葡萄のケーキ、と呼ばれてました。それをもう一度混ぜて、またギュウギュウ絞る。

全く衛生的にいかがなものかという状態でしたので私はジュースをとりに行かなかったのですが(笑)、フランシスがとってきちゃった!

DSC05492.jpg


うーん、、、、微妙・・・・

DSC05495.jpg


まあこれは品質うんぬんよりも、皆で楽しむお祭りですね。村の人が一緒になってとってもサンパティックなお祭りでした♪ 貴重な経験でした。ありがとうございます(●^o^●)

帰りはワイン街道をドライブ。西日に照らされたブドウ畑の見事なこと!

DSC05502.jpg


美しい一日でした。アルザス、やっぱり大好きです。

夕ご飯はホロホロ鳥の丸焼き。これを3人でペロリ。

P1100061.jpg


フランス人の胃になってきた私・・・。

*今回は全てフランシスのカメラの画像をいただきました♪ たくさん撮ってくれてありがとう;^^
posted by まさきこ at 00:00| Comment(2) | アルザス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

食べ過ぎです

遅めのお昼ご飯はまたシュークルートを食べてしまいました。つい・・・

そしてあまりお腹がすいてないうちに夕ご飯。FF(フランシスとフランソワーズ)の家ではじめて食べる、豚の塊!

image-20121020220806.png


フランソワーズは本当に料理が上手。今まで食べたこの類の中で一番美味しかったです♪

が、結構多い・・・;^^そしてチーズも食べて、デセールは焼き立てのリンゴのタルト。

お腹一杯だから食べない、とは言えないシュチエーション。勿論美味しいからもあって食べてしまいます。あまりに食べるのでフランシスに驚かれたぐらい。
帰るまでに確実に太れそう。

image-20121020220818.png


7時からアペリティフがはじまり、7時半になったら蝋燭に火を灯して夕ご飯。フランソワーズはフランス一の料理人だ、とフランシスが言って「ノン、ノン!」とフランソワーズ。

前と変わらず元気な二人でとても嬉しいです。日本にそろそろ行ってもいいかも、という気になってくれたみたいで時期を考えるとのこと。大の恩人の二人が来てくれる日が楽しみです。
posted by まさきこ at 05:08| Comment(1) | アルザス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボット・ゲイル訪問!

ストラスブールで昼食を食べたあとは、南にくだり、ボット・ゲイル訪問です。
アルザスの畑・・・ぶどうの仕立てが高いです。比較のために私が入ってみました;^^
ちなみに空にシミみたいに見えるのは鳥の大群。たくさんいて怖かったです・・

image-20121020174804.png


ボット・ゲイルのセラー。今年新しくしたそう。完全グラヴィティなんですね!

image-20121020174822.png


ステンレスタンクも小さいものがたくさんあって、細かく醸造しているのがよくわかります。当主のジャン・クリストフさん。

image-20121020174837.png


これは何かと思ったら・・・大樽の中にたまった酒石酸! お掃除してとりだしたもの。

image-20121020174851.png


今日も収穫があったようで忙しくされてました。発酵中のジュースを飲ませてもらうとかなり甘い!そしてミネラル!ジュースでも違いますねえ。。

image-20121020174917.png


18種類の試飲。酸とフルーツのミネラルが高いところでつりあってました。パワーがあって結構疲れましたが、勿論とても良いワイン。食べ物ほしくなりますね!

image-20121020174935.png

posted by まさきこ at 00:56| Comment(0) | アルザス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

ストラスブール到着!

シャンパーニュ・アルデンヌ駅でスタッフとは別れ、私は一人でアルザスへ。

ストラスブール駅。昔の建物がこのドームの中に入ってます;^^

iphone/image-20121019140211.png


フランシス、フランソワーズと懐かしい再会♪ この屋根裏部屋も久しぶり〜。

iphone/image-20121019140226.png


楽しみにしていたフランソワーズの手料理。ランチはいつもスープとサラダで健康的です。スープといっても手をかけて煮込んだもの。今日はポワロのスープ!

iphone/image-20121019140237.png


トマトとオニオン、チーズのサラダ。

iphone/image-20121019140301.png


ハムもついていて前に比べるとゴージャス。お孫さんのソナム君が学校のお昼休みでランチを食べに帰ってきているからかな?

iphone/image-20121019140314.png


ソナム君はランチを食べ終わると学校に戻るというので、彼を送るフランソワーズに私もついていきました。友達と一緒にパチリ☆

iphone/image-20121019140335.png


プティットフランスのフランソワーズ。今日はとっても暖かくて気持ちの良い日です。

iphone/image-20121019140349.png


しかしアルザスにいるというだけで異常にテンションあがります。こうのとりの人形やアルザスの形のボトル・・・嬉しい\(^o^)/

家の2軒隣でダリーが働いているというので寄ってみると、アクセサリーショップの裏で皆でお昼ご飯中。チーズもワインもお昼からしっかり開けてていいですね〜。

iphone/image-20121019142326.png


私もワインとチーズ渡されたので記念写真;^^

さあ、今から南に行って生産者訪問! 
posted by まさきこ at 21:21| Comment(0) | アルザス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミネラルのボリューム!

シャンパーニュ二日目。一軒目はヴァルニエ・ファニエール!

image-20121018230118.png

あ、珍しいもの発見。これを見るのはミッシェル・ゴネ以来です。現在のジオ・パレットの前身。なんとここではまだ現役で使ってるそう。名前はピュピ・マティック。自動ピュピトルです♪

image-20121018230136.png

ロゼの澱は美しくて好きです。

image-20121018230150.png

ちゃんとジオパレットもありますよ〜。

image-20121018230204.png

ガティノワと同じデゴルジュマンの機械。かなり古いそうですがこれも現役。デゴルジュマンをする機械では一番小さいサイズだそうで、スペースのないRMには便利だそう。

image-20121018230217.png

ヴァルニエのミネラルいいですね〜。ロゼで内緒のお願いしてきました♪ 実現したら嬉しいです!

image-20121018230230.png

こんなのあったのですね!95年のコレクション! アヴィズの中でも極上の畑のものだけを選んだ特別品。デゴルジュは15年前だそうで、ちょうどいい飲み頃。ドザージュは3グラムというから驚きです。とっても美味しい。でも売るほどはもうないそうです。残念・・・。

image-20121018230243.png

次はギイ・シャルルマーニュ訪問♪

image-20121018230258.png

2006年はとても良い印象なのですが、2008年はもっともっと素晴らしいときいて期待が高まります。

image-20121018230317.png

ラベルがもうちょっとしたら変わるそうで・・前のほうが好きかな?と思いますがしょうがありません;^^

image-20121018230332.png

メニルの丘の上から。クラマンの丘も見えます。

image-20121018230346.png

最後はヴィルマール。ローランシャンさんは相変わらず素敵ですねー。新しいセラーが出来ててびっくり。
そして、初めての大樽の新樽のティスティング。かなりオーキーだろうなあと思っていたら、全くそんなことなくてまた驚き。良い樽屋さんだとそうなんだそう。

image-20121018230402.png

こちらはメインのセラー。ここは全くステンレスタンク使わないんですね。すごいなあ。

image-20121018230423.png

image-20121018230440.png

来る度に味わいがよりシャープに、しかしエレガントになっていく気がします。

image-20121018230456.png

image-20121018230515.png

最後の夜は何故かランスの回転寿司;^^ 研修お疲れ様でした!

image-20121018230530.png
posted by まさきこ at 06:10| Comment(0) | Champagne | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

シャンパーニュに移動

ブルゴーニュを朝早く出て、シャンパーニュに移動。一軒目はエグリ・ウーリエなので遅れるわけにはいきません!

エグリ・ウーリエのセラー。この中にあのシャンパーニュになるワインが入っているのですね。うっとり。

image-20121017225414.png

ちょうどデゴルジュの作業中だったので、デゴルジュ仕立てのノン・ドザージュのトラディションを飲ませてもらいました。ドザージュなしでも完璧な球形のよう。艶やか・・・。

その後は新しいティスティング・ルームに移動して、ヴリニー、ロゼ、ブランドノワールのティスティング。やはりエグリ・ウーリエはオーラがありました。

その後は、アイのジョフロワ!

image-20121017225334.png

image-20121017225432.png

キュミエール・ルージュの樽です。

image-20121017225351.png

こちらでもデゴルジュを手動でしてもらって、ノン・ドゼをいただきます♪ これは2008年のマグナムの気圧3キロのオートンヌ! 前から特別なプロジェクトを何度きいてもわかりませんでしたが、今回やっと理解できました;^^

image-20121017225450.png

WG向けのゼロは、通常キュヴェより一年熟成期間を長くしていただいているPURETE。うまみあって甘みあって酸もしっかり泡が細かく・・・いいですねえ☆

エクスプレシオン、ヴォルプテ2006、ブランドローズ、ロゼドセニエ、ミレジメ2004!

image-20121017225502.png

image-20121017225517.png

image-20121017225533.png

そしてガティノワ。新当主のルイ・シュヴァルさんとは5月の東京以来の再会。

image-20121017225549.png

ロゼの澱好き(笑)。

image-20121017225602.png

そして中谷君がなんとデゴルジュに挑戦させてもらえることに!!

image-20121017225619.png

ちゃんと澱をとばして、でもシャンパーニュもちょっと多めに飛ばしちゃいましたが、ご愛敬。私は絶対無理なので尊敬しちゃいました;^^

image-20121017225634.png

image-20121017225648.png

美しいマカロンと一緒にティスティング。

image-20121017225702.png

美しいマルヌ川をみて、

image-20121017225719.png

大聖堂! ライトアップされていて美しい!

image-20121017225732.png

夜ご飯は、フリュイ・ド・メール!

image-20121017225806.png

そしてアントレコート。写真で見ると小さく見えますが、草履以上の大きさでした・・・;^^ 太って帰りそうです。

image-20121017225822.png

posted by まさきこ at 06:03| Comment(0) | Champagne | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

テロワールの反映

ブルゴーニュ二日目。朝焼けのムルソー。

iphone/image-20121017230627.png


最初はピュリニィから。

iphone/image-20121017230643.png


iphone/image-20121017230658.png


そしてシャサーニュ。大好きなラモネ訪問です! 2011年はアリゴテから始まり、ブルゴーニュ・ブラン、村名、1級、そしてグランクリュ。

ビアンヴィニュ、バタール、モンラッシェににいたってはヴォリュームもあって少しスパイシーでとろっとしているようでピュアな岩清水のうようなミネラル。。。

iphone/image-20121017230718.png


ノエル君って同い年ぐらいかと思ってたらもう51歳なんですって。驚き。

iphone/image-20121017230733.png


ランチはボーヌのワインバー。お昼はパイが名物だそうで、これはかぼちゃのパイ。美味しかったです。

iphone/image-20121017230750.png


アルローに行くと、ちょうど作業中。

iphone/image-20121017230816.png


樽からの試飲では、どれもテロワールの見本のようなワインを飲ませてもらって感動。モレサンドニの村の中ではシャンボール側は赤い果実、ジュヴレイ側は黒い果実。

クロドラロッシュとクロサンドニ、ボンヌマール。素晴らしかったです・・・

iphone/image-20121017230834.png


そして最後はコシュ・デュリ。顔をしかめるような酸とミネラルのあとにアフターの見事なこと。なんだかすごいワインばかり飲ませていただいて、申し訳ない気になっちゃいました。。

iphone/image-20121017230907.png


少しだけ時間があったので、オテル・デューも見学。

iphone/image-20121017230849.png
posted by まさきこ at 21:39| Comment(0) | Bourgogne | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

黄金丘陵

WGの若手スタッフ、フランス研修! 前の日の夕方にCDGに到着し、TGVでボーヌに移動。ホテルについたのはもう夜中でした。

それでも翌朝は早起きして、畑を見に行きます! ムルソーの朝焼け。美しいです。

image-20121016001916.png


一軒目はジャン・フィリップ・フィシェ。タンクに入った2011年を試飲させてもらいます。こちらは来る度に樽の強さがなくなり、今ではもう大変エレガントなスタイルに。

そして白は勿論素晴らしいのですが、こちらの赤は赤い果実の柔らかさが出ていてとっても好き。「薄すぎるとか言う人もいるけど、ちょっとしか造ってないから好きな人だけが買ってくれたらいいんだよ」というスタイルも好き(笑)。はい、日本では人気ですよ♪

image-20121016001936.png


しかしコート・ド・ボーヌの2012年は雹の被害がひどく、収穫は7割以上減、もしくは全く収穫できなかった生産者もいたそうです。2010年、2011年も収穫量は低く、ヴィニュロンにとっては試練の年が続きます。

「 Il faut accepter. 」受け入れなくてはならない。今回は生産者の方の口から何度もこの言葉を聞きました。品質が良いのが救いですが、どうか来年は通常どおりの収穫になりますように。私も祈ります。

二軒目はセガン・マニュエル。

image-20121016001957.png


サヴィニィ・レ・ボーヌ VV ゴドー 2011、2010、2009、2008、2007、2006と、ムルソー クロ・デ・コルマン 2011、2010、2009、2008の垂直試飲!

image-20121016002012.png


ヴィンテージの個性がはっきり出ていてとっても勉強になる試飲。うむうむ。

ランチはコルトンのレストランに連れていってもらいました。エスカルゴがかぼちゃのスープに浮かんでいる前菜。濃かったけど美味しかったです☆ メインは撮り忘れ;^^

image-20121016002027.png


さあ、午後からは楽しみにしていたルフレーヴ♪ アントワンヌ・ルプチ氏に案内してもらって2011年の試飲。ほぼ、フルラインナップ!!

image-20121016002048.png


バタールの試飲の前に停電になりましたが、蝋燭をつけてもらって(その後すぐ復旧)試飲続行。

image-20121016002105.png


偶然、シモン・ビーズのちささんとご一緒になったのでより深いお話もきけて、ラッキーでした;^^

ブルゴーニュ・ブランからルフレーヴの香り、味! フォラティエールもピュセルも素敵、ビアンヴィニュは酸もフルーツもしーっかり、バタールはこうばしいミネラル、シュヴァリエはうまみ凝縮+酸、スパイス。

瓶からの試飲は2010年、グレイト・ヴィンテージ。好きですねえ。今飲んで美味しいことに驚きましたが、あと少ししたら閉じちゃう可能性が高いそう。皆さん、一度今飲んでみてください。十分感動します!

image-20121016002121.png


さあ、次はルイ・ジャドの美しいセラー。

image-20121016002138.png


案内してくれるのは、テンションが非常に高くて素敵すぎる、ジャック・ラルディエールさん!

image-20121016002205.png


最初の試飲は、この秋入荷予定のうちが予約しているバック・ヴィンテージを用意してくださってました。日本リカーさん、ありがとうございます♪

image-20121016002231.png


ラルディエールさんとの試飲は、ワインの話というより宇宙に漂う「気」の話のようなもの。

樽からの試飲になるとさらに盛り上がります。

2011年のレ・フィエ、グランエシェゾー、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ、ミュジニィ(2樽しかない!)ボンヌ・マール、PMコンベット、PMフォラティエール、PMピュセル、ビアンヴィニュBM、BM,シュヴァリエ・モンラッシェ。

ラルディエールさんの説明つき、グラン・クリュばかりの試飲はすごすぎ。どれもエレガントだしパワーがあるし、タンニンも細かく酸も美しく。。。うーん、ジャドもパワーアップしてます。

image-20121016002251.png


試飲の後はジャコバン教会に移動して、ラルディエールさんとディナー。こんな贅沢していいのかしら;^^ 

image-20121016002311.png


途中でガジェ氏も同席して、WGとの歴史、思い出を話してくれました。遠い日本の小さなお店のことを気にかけてくださっていることに感動します。

父や母、今までの、そして今頑張っているスタッフのおかげだとしみじみ皆さんに感謝。私も後の人にそう思ってもらえる仕事をしなくては。

image-20121016002328.png


ジャコバン教会の地下に眠るワインを3本も開けてくださいました。惜しむらくは時差ボケであまり飲めなかったこと・・・(>_<) でもその日は幸せな気持ちで寝られました。

皆さん、本当にありがとう。
posted by まさきこ at 07:26| Comment(0) | Bourgogne | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

嵐のリースリング・リング in 京都 2012年

9月30日、第二回目の「リースリング・リング in 京都」を開催しました!

233.jpg


しかし・・・当日は大型台風がちょうど開催時間に直撃の予想どんっ(衝撃) 中止か延期か結構か、2日前からスタッフで頭を悩ませました(T_T)

結局、野外は使わず館内だけで開催することにして、ご来場いただけなかった方にはチケットの払い戻しをすることになりました。皆様には多大なるご迷惑をおかけして、本当に申し訳ありませんでした。

しかし、開催を決めたからには、インポーターさんとレストランさんのご協力の元、スタッフ一同精一杯頑張りました!\(^o^)/

101.jpg


022.jpg


063.jpg


外は台風でも、中は熱気あふれる緑色のスタッフででいっぱい! ↓使用予定だったお庭;^^

345.jpg


ご用意した世界各国のリースリングは116種類(うち有料試飲は10種)♪

356.jpg


364.jpg


199.jpg


109.jpg


ご協力いただいたインポーター様:ヴィレッジセラーズさん、エステートワインさん、ヘレンベルガー・ホーフさん、ファインズさん、ラック・コーポレーションさん、日本リカーさん、ヴァンパッシオンさん、ジェロボームさん、日本グランドシャンパーニュさん、木下インターナショナルさん、八田さん、三国ワインさん、オルカインターナショナルさん

本家ドイツやアルザスのみならず、オーストリア、イタリア、スペイン、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド・・・どのリースリングも涼やかで美味しいのには驚かされました!

今回はどなたでもお気軽にご参加いただける、10分セミナーを開催。

1、産地、栽培、醸造法からくつリースリングの多様性(リースリング・リング執行部員 山野高弘氏)

151.jpg


2、世界のリースリングTOP12プロデューサー(リースリング・リング会長 有坂芙美子氏)

312.jpg


3、リースリングで幸せな食卓を(リースリング・リング執行部長 伊藤啓介氏)

337.jpg


¥100からスタートのチャリティ・オークションでは生産者のサイン入りの貴重なリースリング、そして楠田さんに寄付していただいた、10Vintage記念Tシャツも♪

267.jpg

落札いただいた皆様、ありがとうございました。寄付明細は後日ご報告いたします!

レストランさんにはリースリングにあうお料理をたくさん作っていただきました♪

133.jpg


080.jpg


078.jpg


077.jpg


127.jpg


136.jpg


195.jpg


ご出店いただいたお店:ベルクールさん、伊晃庵さん、チアーズさん、bijiさん、ラ・カラさん、Bar KAOさん、トキ小箱カプセルさん、ビストロスポンタネさん、和の厨房さん、洋彩WARAKUさん、イル・ギオットーネさん、割烹さか本さん、ももてるさん、ポキートさん

急な場所変更などにも快くご対応いただきまして、ありがとうございました!! 

お庭が使えなくなってしまって鉄板28号さんの出店は中止となり、(場所の関係上、ワインバー・ワイングロッサリーとワイングロッサリーのチーズも出店中止)楽しみにしていただいていた皆様には、心よりお詫び申し上げます。大変申し訳ありませんでした。

しかし色々変更もあり、雨風が激しい悪天候の中でも、館内は平気でした。アコーディオンの演奏を聴きながらのリースリング、お楽しみいただけましたでしょうか♪

375.jpg


ちなみにスタッフが着ているのはこの日のために作った緑色のリースリング・リングTシャツです。後ろには「No Riesling No Life」と書かれています(笑)。

お客様がいらっしゃるときは気になりませんでしたが、打ち上げで全員このTシャツを着ていると結構緑色でした;^^ 最後の記念撮影!

398.jpg


有坂さんのお誕生日の前祝もさせていただけて、光栄!

388.jpg


メッセージカードには
==
凛として美しい心、お姿の有坂さんは私達の尊敬と憧れ。
まさにリースリングの化身です。
後に続く我々もそのようにありたいと日々頑張っています。
いつまでも清々しい有坂さんでいらしてください。

リースリングと有坂さんを愛する一同より
==
と書かれております♪

そんな憧れの有坂さんとのツーショット☆ 何か一生懸命話してる私(笑)。

321.jpg

台風にも負けず、リースリング・リングin京都は無事終了いたしました。お客様、関係者の皆様、アンスティチュ・フランセ関西様、本当にありがとうございました。

285.jpg


オマケ。今回のグッドルッキング賞♪

370.jpg


モデルのようです(笑)。エステートのホイットニーさん!

*今回の画像は、全てWGスタッフの土岩氏撮影のものを使用させてもらっています。クオリティの高い画像、ありがとうございました!
posted by まさきこ at 16:45| Comment(0) | 食いしん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする