2009年02月11日

ウィリアム・フェーヴルと京料理(&女将S)

シャブリって好きですか? メジャーすぎて、自称ワイン好きの方は自ら好んで飲むことは少ないのかも・・・?

実は私もそうなのですが、改めて飲むと「ムム、うまい」と思うことが多いのも事実です。

そんなシャブリの中でもひときわ評判の良い、ウィアム・フェーヴルの醸造責任者、ディディエ・セギエ氏が冬の京都にお越しくださいました。

P1110532.jpg


お隣はブシャールの西山さん。いつも穏やかな空気の方です。

今回は京都の料亭の女将・若女将に来て頂きまして「和食とウィリアム・フェーヴルのシャブリ」について忌憚のないご意見をいただきましょう、というコンセプトのもと、

八坂神社の中にある、「中村楼」さんでのディナー。

P1110526.jpg


中村楼さん、すごいですね。こういった建物が敷地内にたくさんあるんです。とっても贅沢な造りですね(>_<) ・・・さすがです。

お料理も勿論立派♪

小皿 鰯辛煮けしの実

前菜 鮃梅花寿し 鶯松風
   才巻えび生雲丹焼き
   白魚生この子和え
   菜の花からしひたし
   松笠くわい
   千車唐 もろみ添え

P1110528.jpg


汁  白味噌仕立 お多福麩 海老真丈
         大根 にんじん 壬生菜 辛子

造り 鯛 鮪 車海老

蓋物 甘鯛蕪蒸し

P1110529.jpg


蕪蒸しにはお餅やすっぽんが入っていました。面白い。

名物 田楽豆腐

焼物 鴨塩焼き うど 胡瓜打ちまぜ

揚物 海老芋白揚げ 車えび 蕗のとう

酢の物 あん肝 海老塩焼き レモンおろし和え

少吸物
ご飯
香の物
水物 季の物

和食って食材が豊富ですね;^^

ワインは勿論、ウィリアム・フェーヴル!

Chablis (Domaine) 2007
Chablis les Lys (Domaine) 2006
Chablis Fourchaume Vignoble de Vaulorent(Domaine) 2006
Chablis Grand Cru Bougros Cote Bouguerots(Domaine) 2006

最初のシャブリは清らかな白い花やレモン、そしてハニーの香り。そして後になるごとに、ミネラルの骨格と力強さが増していきます。

ボリューム感と緻密さが見事!

P1110530.jpg


最後はサプライズで、Cote Bouguerotsのマグナム1998年!

これはディディエさんが最初に手がけた思いいれのあるヴィンテージだそう。輝く黄金色で、かすかにスパイシーでトリュフのような香り♪♪

シャブリを10年置いておこうってなかなか思わないのですが、こんなに美味しくなるなら置いておく価値あります!

素晴らしい!!!

今回は正直、「まあシャブリと和食なら大丈夫でしょ」ぐらいの軽い気持ちだったのですが、お料理の中にあるミネラルとシャブリのミネラルが融合して、感動的ですらありました♪

P1110540.jpg


ご参加いただきました女将、若女将。

天喜  橋本静代様
六盛  堀場裕佳子様
菊乃井 村田紫帆様

皆さんお忙しい中、お時間を作っていただきましてありがとうございました。ウイリアム・フェーヴルは美味しく味わっていただけましたでしょうか♪ 

「6月がブドウの花も咲くから一番良い季節だよ」とディディエさん。

次回はこのメンバーで6月にシャブリに行くかも?!


輸入元のファインズさん、貴重な機会をいただきましてありがとうございました♪


posted by まさきこ at 10:44| Comment(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: