2009年06月22日

オステルタグ訪問!

初めて飲んだときから強烈に魅かれるワインってありませんか。

オステルタグのワインは私にとってそういうワインのひとつでした。ずっと訪問したかったのですが、今回やっとその夢がかないました!

P1130250.jpg


畑と試飲と、どっちかというとどちらに重点を置きたい?と聞いてくれた彼に、私は迷わず「畑」!

P1130252.jpg


どうですか、この見事な畑!

P1130253.jpg


土はふかふか! ビオディナミの実力ここにあり♪

P1130240.jpg


P1130241.jpg


P1130254.jpg


テロワールを一生懸命説明しながらも、葉を整えたりするアンドレさん。

P1130245.jpg


お!スリーズ発見♪♪ と思ったら「これは野生のものだから酸っぱいよ。ジャムにしたら美味しいけどねえ」と。

残念(T_T)・・・という顔をしてたら

「生でも食べられなくはないよ、試す?」

ハイ、試す!!

・・・ううう、酸っぱい(>_<) 味は濃くて美味しいのだけど(>_<)

P1130243.jpg


アルザスのブドウ畑って本当にきれいです。

この後ドメーヌで試飲をしました。美しくも力のあるワインに感動。これは普通のアルザスのワインとは違いますねえ。私が初めて飲んだときの印象はそのまま。

あの素晴らしい畑があるから、こんなワインが生まれるのですね。

良いワインは良い葡萄から。

改めてこの言葉をかみしめます。

試飲の際には写真もたくさん撮りました!!

なのに!(>_<) 

カメラが故障気味のようで、画像が残ってませんでした・・・ショック・・・

実はオステルタグの前にはワインヴァックを訪問したのです。ピュアでミネラルあふれるワインに感動し、ランチ(うさぎ)もご馳走になったのですがその画像も消えちゃってるんです! カメラの換えどきかなあ・・・(T_T)

画像あまりありませんが、アルザスのブドウ畑が持つ潜在的パワーはすごいものがありますよ。

皆さんにも感じてほしい! 

7月にWGでアルザス・ツアー(仮想)をします。ぜひご参加ください♪


posted by まさきこ at 00:00| Comment(3) | 生産者訪問! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

アルザスのブドウ畑が持つ 潜在的パワーこそが
評価の高い4高貴品種を生む原動力なのですね
それにしても.. アルザスのブドウ畑の綺麗なことッ!
Posted by 大阪のタモリ at 2009年06月24日 13:26
スリーズ美味しそうですね!
クラフィティーにしたりジャムにしたりして、
楽しめそうです。
それにしても、行ってみたい!
Posted by カオール at 2009年06月25日 14:14
大阪のタモリさま
アルザスのブドウ畑は平地ではなく、丘陵地帯に広がっているのでとっても綺麗です。その中でもオステルタグの畑は土がふかふかで葡萄も健全で、びっくりするほど美しい畑でした! 手をかけてるんだなあとしみじみ。
只今WGでもオステルタグのワインを販売していますのでお試しください(宣伝♪);^^

カオールさま
スリーズのジャムは絶対美味しそう!
でも生は酸っぱいですう・・(T_T)
Posted by まさきこ at 2009年06月27日 12:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。