2009年11月19日

ヴォギュエ、ソゼ、フィシェ♪

オークションの翌日はブルゴーニュの生産者巡りです! 一軒目はブルゴーニュで一番古いという樹の近くにある・・

P1020353.jpg


コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ♪

P1020359.jpg


詩のようにワインを語る醸造家、フランソワ・ミエさんと一緒にティスティングさせてもらいます。

P1020378.jpg


2008年の出来に大変満足している、というミエさん。とても艶やか。

P1020382.jpg


ミュジニィがさすがに一番美味しかった・・・次点はアムルーズ♪ なんて偉そうに私が言うまでもありませんね。

ブドウ畑は今はこんな感じです。ここはシャンベルタン・クロ・ド・ベーズ。

P1020404.jpg


摘み残されたブドウもちらほら。

P1020407.jpg


次はジャン・フィリップ・フィシェ。あいにくご当主は不在でしたが、二番手のニコラさんに案内してもらいます。

P1020424.jpg


フィシェも2008は苦労したそうですが、なんのなんの、良いバランスで瓶に詰められて飲むのが楽しみになる味です。

P1020439.jpg


最後はムルソー・グリアッシュの2002とムルソー・テソンの1996年を。キノコの裏の白い香りがして・・トリュフっぽい♪

最後の訪問はエティエンヌ・ソゼ。

P1020453.jpg


京都にも来てくださったことのある、ご当主ブードさん。

やっぱりワインのテンションが一級品ですね(>_<) 感動的です。

P1020458.jpg


グランクリュ4種は特に圧巻でした。ヴィアンヴィニュ・バタール・モンラッシェ、バタール・モンラッシェ、シュヴァリエ・モンラッシェ、モンラッシェ、、、余韻が長い長い!!

画像に香りがつけば良いのに、と思うぐらいの良い香り。蜂蜜、ミネラル、レモン、ナッツ・・・♪

P1020462.jpg


このレベルのワインはやっぱりそうあるものではないなあ、と改めてソゼの持つ名声に、納得しました。

夜は軽めに、帆立だけ。

P1020477.jpg


ワインは私の大好きなルーミエを見つけたので迷わずこれに。

P1020476.jpg


美味しかったですが2005はまだちょっと早かったですね(>_<)

さて、次の日は早起きしてシャンパーニュに移動!


posted by まさきこ at 00:42| Comment(0) | 生産者訪問! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。