2010年02月05日

ヴァインバックに仰天(>_<)

アルザスの3ツ星生産者は、マルセル・ダイス、ツイント・ウンブレヒト、そしてヴァインバックの3社だけ!

P1020954.jpg


その3つとも他のアルザスとは段違いに美味しいですがハートたち(複数ハート)、とくに一番ピュアな感じ・・・と私が思うのはヴァインバック

お母様と二人の姉妹という女性だけで経営されているヴァインバックの、長女のカトリーヌさんが来日されました!

そして今回オルフェさんのお料理とヴァインバック、今回本当にすごーくすごーーーーく良かったです!

1番目のワインはシルヴァネール。いきなり頭をガツーンと殴られるような衝撃を受ける美味しさです(>_<) こ、これ、シルヴァネール?!

P1020944.jpg


鰤とポワロ葱のミルフィーユ仕立て。トリュフの香りも豊か♪
2番目、3番目のワインはリースリング。うーん、これも圧倒されるうまみとミネラル感とパワー、でもエレガント・・・

P1020951.jpg


カトリーヌさんは時差ボケでちょっとおつらそうでしたが、神戸のオルフェさんのお料理を一口食べるなり「素ッ晴らしいわ♪ すっごく美味しいわ♪」と感動の声(勿論フランス語で;^^)。

そして、フォアグラのテリーヌかわいい

P1020947.jpg


これにはヴァンダンジュ・タルティヴ(極甘口)をサービスしてくださいます。完璧ですねえ。フォアグラが少し苦手な私も美味しくいただいてしまいました♪

しかし今回NO.1のマリアージュは次のお皿。ゲヴェルツトラミネールには「鯛のポワレ。春野菜のフリット、ふきのソース」。

P1020948.jpg


ゲヴュルツはその独特の香りが魅力的なのですが、マリアージュに迷うのも事実です。タイ料理とかベトナム料理とかばっかり、毎日食べているわけではありませんから。

それが今回、春の野菜のかすかな苦味と、ばっちりの相性だったのです(>_<) やられた〜! 苦味を合わすという手があったのですね!!!!

勿論全てのゲヴュルツが合うとは思いません。でもヴァインバックは世界TOP3に入りそうなゲヴュルツですから、合うわけです!(と思、う!)

P1020955.jpg


白金豚ってなんだか高尚な由来がある名前だそう。知りませんでした。柔らかくもジューシー!

これにはピノ・ノワールを。

P1020956.jpg


デザートの香りも良いこと!

P1020957.jpg


この驚きのマリアージュを仕切ってくださったのはソムリエの三木さん。

P1020963.jpg


ヴァインバックの美味しさを再認識した夜でした。

P1020958.jpg


メンバーはいつもの皆様。あ、鷲谷さんがお席にいない。

P1020962.jpg


輸入元のファインズさん、貴重な機会をいただきましてどうもありがとうございました。この感動をお客様にお伝えします〜(>_<)

すっごかったです!

*私は昨年ヴァインバックを訪問しているのですが、直後にカメラが故障して一枚も写真が残ってません(T_T) 悲しい・・・


posted by まさきこ at 20:40| Comment(2) | ワイン屋的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お邪魔します!
先日、オルフェさんで食事とワインを堪能させてもらって感動してきたところです。
そこに時々伺っているワイングロッサリーさんが
いらっしゃってるなんて更に感動です。
美味しそうなピノ!
また、いただきに参ります〜。
Posted by ミズリン at 2010年02月19日 12:50
ミズリン様
いつもお世話になっております♪ ご来店いただいていて嬉しいです! ワイン買いすぎてお店に入りきらないぐらいになっているので、また助けにきてください(笑)。お待ちしてます♪
Posted by まさきこ at 2010年02月19日 13:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。