2021年07月07日

ほがらか人生相談

「鴻上尚史のほがらか人生相談」にハマってます。

ほがらかな相談はあまりなくて、かなり深くてシリアスな悩みの相談が多いのですが、それを鴻上尚史さんが親身になり、受け止め、自分で考えられるように整理して、励まされます。

自分でとことん考えてみる、相手に感情的にならずに感情を伝える、必要なら逃げる(結構これも出てきます)、新しいチャレンジをする。

こういったことを、現実に沿ってアドバイスされます。

読み終わったあとにはちょっと泣きそうな感動すらあります。うーん、もっと早くこの本に出合いたかった。

友人関係、夫婦関係、親子関係、学校のこと、自分に自信が持てないこと、などお悩みの方、オススメです。3冊出ているのですが、全部読むとかなり思考回路が勉強になります。

私もたまに読み返して、忘れないようにします。いつか、悩んでいるスタッフにもこんなアドバイスが出来るような人になれればいいなあ、と思いつつ。

hogaraka.jpg
posted by まさきこ at 17:49| Comment(0) | 良い経営者になりたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月25日

伝える力、聞く力

先日、社内で性格判断テスト?みたいなものをしました。

得意なことや苦手なこと、ストレスを感じる強さやそのときの行動、など。結果は千差万別多種多様で、「人って皆違うんだなあ」と改めて感じ入りました。

そんな中、私も含めて大多数のスタッフが苦手な項目が「人の話を聞き取る力」「自分の気持ちを伝える力」の2つ。おそらく日本人はそういう人はかなり多いんでしょうね。

うちの会社は比較的、人間関係が良いほうだと思うのですが、聞く力も伝える力も低めだと、うまくコミニケーションが取れずに仕事上でもたまに支障が出ます。

円滑に仕事をすすめるためにも、全員の伝える力と聞く力のUPを目指そう、と決めました!
まずは「傾聴」から心がけます♪

IMG_0989.jpg
posted by まさきこ at 18:01| Comment(0) | 良い経営者になりたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

七色でなくても虹は綺麗

昨日、大きい虹が出ました。それを見た母が「まさきこは虹は七色見える?」と聞いてきました。「見えるよ」と答えたのですが、結構な確率で七色には見えない人もいるそうです。

昔なら「色盲」「色弱」と言ってましたが、今では「色覚特性」と言って、異常ではなく「個性」として認識されるそう。人類は多様性で生き残ってきたので、「色覚特性」はその一つとして、生き残りで必要だったのでは、という説もあるとか。

虹を見ながらそんな話をきいて、ストンと心に落ちました。スタッフも全員違う人間なので、皆「個性」はバラバラ。得意なこと、不得意なことも違います。それを十把一絡げに「こうでなくていけない、それが出来ないのは努力不足だ」とは言いたくない。

人類が生き残っていくために必要な「多様性」を皆、持ってて素敵!

それを理解しあった上で、でも、頑張ろうと思う人の成長のサポートをお互いに出来る関係でいたい。

2021年はそういう会社を目指します。虹が教えてくれました。

IMG_6930.jpg
posted by まさきこ at 12:37| Comment(0) | 良い経営者になりたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする